ブタの脂を顔や、肌に塗るというと抵抗がありそうですが、

漢方の世界では昔から傷薬に使われてた材料です。

日本でもラードは医薬品の原料に指定されており、肌への効果に関しては

それなりに定評があるのです。

その理屈としては、「ラードの脂がヒトの肌の脂に近い」

ラードは約5割が飽和脂肪酸でできており、ヒトの細胞膜にとても近く、そのため、

ラードは肌に吸収されやすく、お肌の健康を保ちます。

「ラードにはビタミンが豊富」ラードには、ビタミンA・D・Kといった

脂溶性ビタミンが多く入っているうえに、炎症を抑える効果のある共役リノール酸も豊富。いずれも植物性のオイルには少ない成分で、このあたりもメリットです。


わずか1ヶ月でシミがご覧のとおり!! (40代女性)

床ずれがここまで改善!  (90代女性)

鱗状表皮および乾燥が改善!